はじめまして。

こちらはRINCOプロジェクトルームです。

ここは、今後、企画公演プロジェクトの進展を随時皆様に発信していくための場所となる予定です。
このプロジェクトルームのイメージは、眺めの良い数十階建てのオフィスビルの高層階であったり、おしゃれなアンティーク家具に囲まれた吹き抜けのある日当たりのよい事務所であったりしますが、実際は自宅のリビングです。打ち合わせの場がカフェであれば、そこがプロジェクトルームにもなるかもしれません。プロジェクトルームとはまさにイメージ、僕の頭の中を整理する場所でもあるかもしれません。

あまりにもラフな書き出しになりましたが、それにはひとつ理由があります。
業務的なありきたりの堅い文言で進展を発信…というよりはお堅く”発表”していくことはとても簡単なことですが、目指したいのは”もっと身近に感じるプロジェクト”なのです。

堅い文言で塀を建て、クローズドな環境で粛々とプロジェクトを進めていくのではなく、オープンな環境の中で、プロジェクトの進展の状況や、ぶつかるであろう困難さえも皆様と共有することにより、僕にとっても、皆様におかれましても、きっともっと”記憶に残る公演”になるだろうと考えたわけなのです。

記憶に残る”作品”になるかどうかは、脚本家、演出家、役者、スタッフワークによる力が大きく、プロデューサーとして出来ることは、そのための環境づくりまでですが、記憶に残る”公演”をつくれるかどうかはその手腕によるところが大きいのではないかと思っています。

だからこそ、僕は悔いのないよう、自分が思う、面白い形を目指して進んでいきます。
今のところ僕が代表ですから、そう決めた方向に進んでいきます。
でも、「違うな」と思ったらあっという間に方向転換をするかもしれません。

というわけで、ざっくばらんにプロジェクトについて話を進めていく場を設けました。

さて、本日は2017年の6月1日です。この投稿が皆様の目に触れるのは数日後のことでしょうか。
クラウドファンディングでの支援者様の募集が終了し、二日目になります。クラウドファンディングの方は5月30日を最終日としておりましたが、31日に振り込み申請を行いました。振り込み申請を行った月の翌月末に入金されるとのことなので、入金されるのは6月末頃になるようです。

皆様からお預かりした大事なお金と大切なお気持ちは、約一ヶ月後の7月に改めて動き出すことになります。

クラウドファンディング開始が一ヵ月とちょっと前。プロジェクトを発表してからはもうすぐ三カ月。さらに遡ると、身近な関係者にこの企画のことを最初に話したのは去年のことですから、実際のところは、もうすでにこのプロジェクトは助走を含めて半年間走っていることになります。まだ形になっていくにはかなりの月日がかかりますが、どうぞ長い目でお付き合いくださいませ。

さて、ひとつ大事なことを言い忘れていました。初のプロデュースをするにあたって、プロデュースの団体名をつけました。「RINCO」です。キャッチ―でもユーモラスでもなく、「え?笑」と、思われるようなちょっとダサい名前にしたかったのです。だから、「リンコ?笑」と、思われた皆さんは正解です。

名前については色々経緯もありますが、一世を風靡した、またはしているアイドルグループがそうであるように、違和感のある名前を見慣れる、聞き慣れる日が来ることでしょう。ちなみに僕は早々に慣れてしまいました。

最後に。このプロジェクトルームは広報としての側面もあります。このプロジェクトルームに訪れる方が増えることは、今後のRINCOにとって、大きな大きな力になることは間違いありません。興味深い、楽しみにしている、応援している、そんなお気持ちをお持ちでしたら、サイト内にあるソーシャルボタン(ツイッター・フェイスブック・ラインなど)を是非活用していただけましたら嬉しいです。まだ見ぬどこかのだれかがこのプロジェクトを知るきっかけになるかもしれません。

今後、この部屋がどのような場所になっていくのか。僕自身も手探り状態ですが、また覗きに来て下されば嬉しいです。